検索
  • Secretariat

猫と精油

最終更新: 7月18日

当会の使用法において、猫にも使用できます。

但し、猫は、人や犬と異なり、肝臓のグルクロン酸転移酵素で、解毒し、体外に排出することができないので、ケトン類のツヨンという成分を多く含む「セージ」の使用を禁忌としています。

*セージ<ツヨン40%含有>

精油の成分より、精油そのものを塗布することで個体によっては、ストレスになる場合もあり、その際は当然、使用を控えます。


一般論として、フェノール類、ケトン類、そしてモノテルペン炭化水素類(特にリモネン、ピネン)を多く含む精油は要注意です。

72回の閲覧

JMAACVは、動物のQOL向上のために活動する

CACIO コンパニオンコンパニオンアニマルケア国際機構』のアライアンスメンバーです。

Copyright 2006 Japan Medical Aromatherapy Animal Clinical Veterinarian sectional meeting. All Rights Reserved.